お宝ベスト21
  このページは古本としてのレアー度、ビンテージ価格を考えた僕のお宝ベスト21です。でも、価格順にはなってないです。個人的なお宝度順です。推定価格が極端に間違っていたら教えてください。
(今読み返すと、古本バブルの頃の相場になってます。今(2017年)は、そんなには高くないですよ。でも変えずにそのままにしときます。)

第1位  火の鳥 (虫プロ、COM名作コミックス)
手塚治虫
S46年・S47年発行
 お宝第1位はやはり火の鳥です。いろんな出版バージョンがありますが、COM名作コミックスが一番味があります。左から、黎明編・未来編・ヤマト宇宙編・鳳凰編・復活編です。
 昭和の終わりから平成の最初頃に1冊1000円から1500円くらいで売ってました。今は5冊セットで1万5千円くらいでしょうか。
 
 それにしても、完結編の現代編?まで読みたかったです。

第2位  つげ義春初期短篇集 (幻燈社)
つげ義春
S44年発行
 レアー度からいったらこれがナンバー1でしょう。昭和44年に限定1500部発行されたものです。平成5年頃に隣り町の古本屋の一般書の中に眠ってました。買ってから限定本で作者のサインもついているので貴重かなと思いました。どうして田舎の古本屋にあったのか不思議です。古本サイトでも今まで1度しか出ているのを見たことがないです。そのサイトでの価格は2万円でした。もっと高くてもいいと思うんですがどうでしょう。

第3位  マジンガーZ 全5巻 (講談社、マガジンコミックス)
永井豪
第1巻〜第3巻、S50年初版発行   第4巻・第5巻、S51年初版発行
 とある古本屋で2001年、1冊200円というとんでもない値段で売られていました。思わず「オッ!」と声が出てしまいました。状態もすごくよかったです。サンワイド版は持っていたんですが、もちろん購入しました。相場は5冊セットで1万5千円くらいはすると思います。

第4位  佐武と市捕物控 全17巻 (朝日ソノラマ、サンコミックス)
石森章太郎
第1巻〜第17巻、S55年〜S56年初版発行
 全巻揃いではなかなかお目にかかれない佐武と市が第4位です。これも第3位のマジンガーZを発見した古本屋で、2001年に見つけました。セットで5950円でした。1冊350円平均です。掘り出し物です。状態もとてもよく、ずっとデッドストックされていたんだと思います。相場はずばり3万円です。
 右から2番目は昭和44年4版の「縄と石」です。一番右が中央公論社の「死やらく生」です。
 

第5位  釣りキチ三平 全65巻+番外編2冊 (講談社、KCマガジン)
矢口高雄
初版再版混(S49年〜S58年初版発行)
 2003年5月、番外編2冊を400円でゲットし全巻そろいました。67冊セットで4万円くらいすると思います。一番左が第1巻、2番目が65巻、続いて番外1、番外2です。60巻から番外にかけてがレアーで、オークションでは1冊2,3千円で取り引きされてます。90年代にこれを集め始めたときは、たぶんコンプリートは無理だと思ったんですがやりました。(さすがに67冊中、4冊はビンテージ価格で購入しました)

第6位  鉄人28号 全8巻 (大都社)
横山光輝
第1巻〜第6巻、S54年初版発行   第7巻、S55年初版発行  第8巻、S56年発行
 サンデーコミックスの鉄人28号よりもこちらの全8巻が完全版なので貴重です。セットで3万5千円でしょう。2000年頃にセットで4千円で購入しました。某古書店に長く陳列されているのを不憫に思ってしまって、思い切って買いました。
 世代的には自分とはずれているので懐かしさはないです。残念ながら読んでもまったくおもしろさは感じません。

第7位  ゲゲゲの鬼太郎 全12巻 (朝日ソノラマ、サンコミックス)
水木しげる
S50年〜S58年初再混
 昭和62年頃から少しずつ集めていきました。あと第10巻があればコンプリートという状態が長く続いてましたが、最後の10巻を数年前に某古書店で発見。感無量でした。最初の巻を手に入れてから15年の歳月が流れてました。相場は2万円くらいでしょうか。下のサンコミックスと書かれている部分が黒い巻が初版から3版までの古いやつです。オール初版はまず出ないです。たぶん火の鳥の次にいろんな版で出ているコミックではないでしょうか。

第8位  変身忍者嵐 全3巻 (朝日ソノラマ、サンコミックス)
石森章太郎
第1巻、S47年初版発行   第2巻、S47年初版発行  第3巻、S47年初版発行
 2巻、3巻は中学時代(昭和50〜52年頃)に普通の本屋さんで買ったものです。そのときすでにレアーでした。1巻がなかなか見つからないので注文したんですが品切れでした。それ以来、1巻を探すこと幾年月。2001年頃、easy seek というサイトにこの本を探していると出していたところ、千円でゆずってくれる人が現れてゲットできました。2、3巻を購入してから25年の歳月がたっていました。ビンテージ価格は3冊セットで1万円くらいでしょうか。

第9位  猫目小僧 全5巻 (朝日ソノラマ、サンコミックス)
楳図かずお
全巻、S57年初版発行
 昭和62、3年頃バラバラと古書店で安く手に入れました。相場は1万5千円です。小学校時代にこの中のある章を雑誌で読んでいて、ずっと全巻通しで読みたかった本でした。キングコミックスがオリジナルですが、レアーすぎて手に入りません。

第10位  新・仮面ライダー 全2巻 (秋田書店、サンデーコミックス)
原作・石森章太郎、絵・石森プロ
第1巻、S54年10版発行(S47年初版)   第2巻、S54年6版発行(S48年初版)  
 これのような冒険王掲載作品でサンデーコミックスに入っているのはどれもお宝といえるでしょう。2001年、某古本屋で1冊100円で買いました。状態もよくびっくりでした。推定価格は2冊で6千円です。初版だと2万はすると思います。
 内容はおもしろくないですが、表紙が懐かしいですね。このシリーズでは、あと怪傑ライオン丸超人バロム1がほしいんですが、見つかりません。

第11位  図かずお シリーズこわい本 全12巻 (朝日ソノラマ、サンコミックス)
楳図かずお
S58年〜S63年初版再版混
 猫目小僧と同じ頃、バラバラと手に入れました。たしか一部は一般の書店で定価で購入したような気がします。サンコミックスが一般書店で売られていた最後の時代でした。相場はずばり2万円です。

第12位  鉄腕アトム 全21巻 (朝日ソノラマ、サンコミックス)
1巻〜3巻、S50年再版    4巻〜別巻、S50・S51初版発行
 ビンテージを扱っている古書店で平成の最初頃にセットで5千円で買いました。当時は古本まんがにはあまりはまっていなかったので、少し迷ったんですが思い切って買いました。今の相場はずばり2万円くらいです。
 中学時代に全巻ほしかったんですが、小遣いにそんな余裕がなく、第3巻の地上最大のロボット編別巻だけ購入してました。

第13位  サスケ 全15巻 (講談社、講談社コミックス)
白土三平
全巻、S49年初版もしくは2版発行
 これも全巻揃いではなかなかお目にかかれないです。相場はずばり2万円です。90年代の終わり頃に新古書店の100円コーナーに全巻並んでいたのを目にとめるやいなや、すぐに抱きかかえレジに走り、お金を払って、逃げるようにして店を出ました。いらなくなった持っていた小学館文庫の全巻は売っちゃいました。

第14位  UFOロボ グレンダイザー 全3巻 (秋田書店、サンデーコミックス)
原作・永井豪、絵・桜多吾作
第1巻、S51年初版発行   第2巻、S51年初版発行  第3巻、S52年初版発行
 これも2001年、某古本屋で1冊100円で買いました。3冊で1万5千円くらいすると思います。内容は幼稚すぎておもしろくなかったです。この手の小学校低学年むけのまんがは、昔、小学生が買って回し読みし、ボロボロになってお母さんに廃品回収に出されるのが常なのでレアーなんでしょう。出てきても状態が悪いのが多いです。でもこれはきれいでした。だれが持っていて、なぜ最近になって売ったのか、とても知りたい。

第15位  機動戦士ガンダム 全2巻 (秋田書店、サンデーコミックス)
絵・岡崎優、日本サンライズ作品
第1巻、S57年初版発行   第2巻、S57年初版発行
 ガンダムがブームの頃は、たしか高校時代だったのでなんの興味もなかったです。これも2001年、偶然100円コーナーで見つけて読んでみたんですが、どこがおもしろいのかよくわからなかったです。ガンダムファンのみなさんごめんなさい。
 価格はセットで1万くらいするみたいです。見つけたとき、この2冊の横に伝説巨神イデオンもあって、ついでに買いました。これも高いゾ。

第16位  唖侍 全2巻 (講談社)
五社英雄、神田たけ志
第1巻、S48年2版発行   第2巻、S48年初版発行
 もう題名からして復刻不可能な作品だとおわかりでしょう。座頭市に近いものがあります。2巻を偶然手に入れていたので、ずっと1巻を探していたところ、某地方都市のビンテージまんがを扱っている古本屋で1巻が2千円で売られていたので思い切って買いました。2冊セットの相場は1万円くらいです。

第17位  高速エスパー 全3巻 (朝日ソノラマ)
松本零士
第1巻、S58年初版発行   第2巻、S58年初版発行  第3巻、S59年初版発行
 平成10年頃に新古書店でセットで1200円で購入。相場は1万円くらい。色違いで同じ絵柄の表紙がなかなかいい。
 昔、テレビで見ていました。

第18位  かつみ 全3巻 (小学館、少年サンデーコミックス)
矢口高雄
第1巻、S52年初版発行   第2巻、S53年初版発行  第3巻、S53年初版発行
 釣りキチ三平で有名な矢口高雄さんの作品です。古本市場では高額な商品です。1万5千円くらいになるでしょうか。これも某新古書店の100円コーナーに並んでました。
 かつみ自体は、自然の中の大河青春話でなんということもないですが、3巻に収録されている嫁ききん長持唄裁判のほうが貴重です。なんというか、まず復刻ができないだろうという内容です。
 最近は、こういった掘り出し物を見つける機会が減ってきました。

第19位  青春の河 全3巻 (日本文華社、文華コミックス)
ジョージ秋山
第1巻、S59年初版発行   第2巻、S59年初版発行  第3巻、S59年初版発行
 S52〜53年、少年サンデー掲載。最初は駆け落ちした高校生夫婦とその息子が度重なる逆境を乗り越えていく話だったんですが、後半に息子がパワーアップします。秘密結社を作り、神の声を聞き終わる怪作でした。
 1冊250円で見つけました。相場は9千円くらい。

第20位  幕末珍犬組  (曙出版、曙コミックス)
赤塚不二夫
1976年初版発行
 滝沢解の原作です。ギャグマンガに原作があるというのも珍しいです。ウンコール・ワットが収録されてます。こちらの方がおもしろいと思います。平成の最初頃に100円で見つけました。相場は6千円です。古本専門店のサイトではよく見かけます。

第21位  デスハンター 全4巻 (朝日ソノラマ、サンコミックス)
原作:平井和正、漫画:桑田次郎
第1巻〜第4巻、S49年〜S55年再版発行(S46年初版発行)
 広島に出張に行ったおり、セットで4千円で購入。相場もそれくらいだと思います。