その他の作家の遍路道 其の一

この遍路道にある古本まんがは、作者、出版社、発行年など、何の脈絡もなく続いていく。

画像 作品名 出版社等 コメント
              関谷ひさし
地獄の道化師 主婦の友社
TOMOコミックス

S53年初版発行
 TOMOコミックスの名作ミステリーシリーズの中の1冊。原作は江戸川乱歩。このシリーズもレアーでほとんどないです。全部で30冊くらいあるんですが、全巻そえばすごいです。
桜田淳子ものがたり

がんばりやの天使
大都社

S51年初版
 原作・森島みちお。

こんにちは、淳子です! わたしのことがマンガになって、ちょっと恥ずかしいんですけど読んでくださいネ。

              平田弘史
烈魂 双葉社
アクションコミックス

S52年初版
 平田先生の作品は、ほとんど復刻版でしか読んだことがない。「古本まんが遍路」というたいそうなホームページを立ち上げておきながら、平田先生の本をあまり持っていない自分が恥ずかしい。
 
 絵に迫力があり内容も面白い。
武田信玄外伝
片目の軍師
日本文芸社
ゴラクコミックス

S63年発行
 武田信玄の名参謀、山本勘助の話といってしまえばそれまでだが・・・面白い。スゴク面白い。御一読を勧めます。新古書店でもまだ見つかると思います。
首代引受人 日本文芸社

’87年初版
 ハードカバー函入りの平田弘史選集全8巻の第4巻です。@おのれらに告ぐA茶筅髪禁止令B無双奥義太刀C首代引受人D剣士凡て弊るE弓道士魂F武士道無惨伝G武人記

 装幀は大友克洋さんです。平田先生の絵と英字の取り合わせがシブイ。
怪力の母 全3巻 ミスターマガジンKC

’95年’96年初版
 平田作品の中では割と手に入りやすいです。1,2巻を安価でゲットしたので、3巻をヤフオクで買いました。

 何度でも読み返せる名作です。遍路お勧め作品。
無名の人々
異色列伝
ミスターマガジンKCDX

’93年初版
 10の短編が収録されてます。その中の一つに、『怪力の母』というのがあります。上(↑)の元となった短編です。

 平田弘史さんの漫画を読んだことがないという人は、この本は比較的安価で手にはいると思うので、ゲットして読んでください。凄く面白いです。
              とみ新蔵
徳川おんな系図
全6巻
徳間書店
トクマコミックス

S58年初版
 原作は岩崎栄という人。
 とみ新蔵さんは、上の平田先生の実弟だということを最近(H15年)知った。

 古本まんがに詳しくない頃、この本をただのエロ本だと思っていた自分が恥ずかしい。
              谷岡ヤスジ
アニマルぞろぞろ 芳文社
芳文社コミックス

S55年2版発行
(S55年初版)
 谷岡作品は半年に1冊見つけるかどうかといった感じです。
 この人のまんがの間の取り方はだれにも真似できないと思います。
 表紙は有名(?)なバター犬
 
 それにしても、この芳文社コミックスローマの星 全3巻が欲しいです。
              桑田次郎
怪奇大作戦(全) 朝日ソノラマ
サンワイドコミックス

S60年2版発行
(S60年初版)
 同名のテレビの円谷プロ作品のコミカライズ。初単行本化は昭和53年初版のサンコミックス。連載は少年ブック(’68年〜)。
 昔(S43年〜S44年)、日曜日にテレビで見ていた。とても恐かったです。これはH15年に、400円で発見。
デスハンター
全2巻
朝日ソノラマ
サンワイドコミックス

S60年〜S61年初版
 サンコミ版全4巻を広島の専門店で4000円で買った年に、1冊100円でこのワイド版を見つけてしまった。嬉しかったが、何とも複雑な心境でした。

 「千葉のおいちゃんの遍路道」の原画と見比べてください。  → こちら
エリート
全2巻
朝日ソノラマ
サンワイドコミックス

S60年初版
 個人的に、デスハンターよりも記憶に残っていない。これを桑田先生の一押しに上げる人もいるので、いつかまた再読したい作品です。
完全復刻版
8マン 全7巻
リム出版

初再混
(’89年〜’90年初版)
 ご存知、平井和正原作の名作。

 これを出版するにあたり、桑田先生がラスト14ページを書き下ろしているが、やはりタッチが微妙に違っていた。
             ムロタニ・ツネ象
地獄くん 朝日ソノラマ
サンワイドコミックス

S61年初版
 昔、広島の古書店で、これのサンコミ版が陳列ケースに入っていて、時価となっていた。「すし屋じゃあるまいし」と思ったのを覚えている。
 これはヤフオクでたしか1500円で購入したと思います。
              安田タツ夫
V(ブイ)
上下巻
頸文(けいぶん)社

平成元年初版
 日本でも放映された、アメリカの連続TVドラマ「」が原作。「」とは「ビジター」の略。人類侵略を企む宇宙からの来訪者に立ち向かう地球レジスタンス軍の活躍。監修が永井豪となってます。
 相場は2冊で1500円くらい。
              古城武司
伝説巨神イデオン 秋田書店
サンデーコミックス

S57年初版発行
 テレビアニメとは違う敵キャラや、ぶっ飛んだ味わいのストーリーを楽しめるのがアニメのコミカライズ版ですが、このアニメを見ていないので、今、まったく記憶に残ってません。
 相場は5000円くらい。
 
              石川賢
それゆけコンバット 双葉社
パワァミックス

S54年初版
 永井さんと組んでいない単独では、この作品がデビュー作です。読んでみると、初めて読んだにもかかわらず懐かしさを感じました。

 まだまだ面白い漫画を描いていったはずです。2006年11月15日、ご逝去。ご冥福をお祈りします。
時元忍風帳 サンコミックス

S59年初版
「ダイナミックプロのダイナミックな部分は石川賢で出来ていたことを僕らは忘れない。」
( GARRET's World 『僕らは石川賢を忘れない。』 より )
変身忍者嵐
全2巻
大都社
スターコミックス

S61年初版
 石森章太郎原作。

 昔、放映していた実写のTV版に沿ったストーリー展開。秋田サンデーコミックス版の表紙はそのTVの嵐の写真である。
聖魔伝 全3巻 朝日ソノラマ
サンワイドコミックス

S60年〜S61年再版
(S59年初版)
 辻真先原作。連載はマンガ少年。

 悪魔の血をひいた姉と、神の血をひいた弟のハルマゲドンストーリー。

 サンコミ版は全4巻となっている。
 
              永島慎二
漫画家残酷物語
全4巻
小学館文庫

S51年初版
 売ろうかなと思いつつ、まだ持ってます。10年後くらいにまた読み返したい作品集。
心の森に花の咲く 大都社
スターコミックス

S50年初版
 表題他、雪ン子失格げんこつの味せむしの肖像夜明け、という短編が収録されてます。

 どれも昭和40年代の雰囲気を懐かしく感じさせてくれる作品です。
              小林よしのり
異能戦士
全3巻
講談社
少年マガジンコミックス

S59年初版
    「その先はいわないで!
    (WAIT! I GOT IT.)
 
 あなたは今、「これの表紙は3冊とも画像としてちょっと出せないんだな」と思っているはず。

 そのとおりです。
 
角栄生きる

全3巻
祥伝社
ノン・コミック

S59年・S60年初版
 この祥伝社のノン・コミックの中では、ジョージ秋山さんの『餓鬼(ギャラ)@」と平田弘史さんの『黒田・三十六計@〜B』が欲しいとこです。

 しかし、この本もレアーで普通は見かけません。
              御厨さと美
SANDLANDER
(サンドランダー)
朝日ソノラマ
サンコミックス

S58年初版
 みくりや さとみさんです。

 この人の漫画は、あまり面白さを感じなかったので特に集めていなかったんですが、この本はなかなか面白い。

 8つの短編が収録されています。
黄金結社 双葉社
アクションコミックス

’81年初版
 流行作家にして現職刑事である空池須磨人とその助手の活躍話です。

 見つけたら買って読みましょう。遍路お勧め本。

 併録の、鈍色流れ街 俺の伝説も面白いです。
              神田たけ志
地獄の辰 芸文社
芸文コミックス

S48年発行
 笹沢左保原作。
 H12年頃、馴染みの古書店の主人が、こんなん入りましたけど、と奥から見たことのない古そうな漫画を10冊くらい出してきた。当時は古本まんがにそれほど詳しくなかったので、帯の付いていたこれだけを400円で買った。全部買っとけばよかった。
              和田慎二
呪われた孤島 集英社
マーガレットコミックス

’75年初版
 昭和49年の別冊マーガレット8月号・9月号に掲載とあります。実はが買った別冊マーガレットでこれを昔読んだ記憶がある。

 昔読んだときも面白かったが、今読んでも面白かった。
              坂口尚
電飾の夜23:59発 東京三世社
シティコミックス

S59年初版
 この人の本は、昔、売ってしまったので、持ってるのは最近手に入れたこれだけです。

 ハードロマンSF傑作集と銘うった5作品が収録されてます。
紀元ギルシア 双葉社
アクションコミックス

’87年初版
 この本を買って初めて、「さかぐちひさし」さんと読むのが正しいと知りました。

 坂口尚SF傑作集。紀元ギルシア第1部夏時空エストレリータが収録されてます。
              星野之宣
2001夜物語

全3巻
双葉社
アクションコミックス

’86年〜’88年重版
(’85年〜’86年初版)
 未踏の星々に織りなす珠玉のドラマを華麗に描き切ったSF漫画の傑作20話。

 これを読むと、あらためてSFと漫画は合うと感じます。下手なSF小説を読むよりお勧めです。
妖女伝説

全2巻
集英社
ヤングジャンプコミックス

’81年初版
 時代も場所も全く異なる全部で7つの名短編が収録されてます。なかでも特に表紙絵の『月夢』は独特な味のある名作です。

 後年出たA5判のジャンプスーパーエース版には3話プラスされてます。

              横山孝雄
旅たて荒野 ほるぷ出版
ほるぷ平和漫画シリーズ6

’83年初版
 読むと、ちょっと涙目になります。オリジナルは、たしか曙出版から出ていると思います。

 この平和漫画シリーズは、そんなに古くはないんですが、レアーでめったにゲットできませんね。
              吾妻ひでお
きまぐれ悟空
全2巻
朝日ソノラマ
サンコミックス

S52年初版
 連載は少年チャンピオン(昭和47年)。2巻に、「ラ・バンバ」というのも収録されてます。

 ふたりと5人で人気が出る前の作品ですね。
ななこSOS 全5巻 光文社
ジャストコミック
光文社コミック

@〜B S58年初版
   C  S59年初版
   D  S61年初版      
 @〜C巻がジャストコミック、D巻が光文社コミックと名前が変わって、装幀も変わっています。ということで、初版バージョンの背表紙は左のようになります。

 ありそうでないセットです。